BLOG 関西おでかけ

我が家の一日 極上気分~命の危機まで【瑠璃浜リトリート】

リッチ気分で最高だった!でも幼児には最新の注意が必要

天橋立 瑠璃浜 リトリートの旅レポの記事を書きましたが、今回は我が家のリトリートでの一日になります。

実は数週間前にも貸別荘プール付きヴィラ(また別の場所)に行ったのですが、その時よりプールも広く部屋も快適でここで過ごすうちに、ものすごく浮かれていました。

最高の気分を味わう中、我が子の命が危なかった出来事もありました。

これを読んで少しでも誰かの役に立つといいなと言う思いも込めて書きます。

天橋立瑠璃浜の詳細はこちら

詳しくはコチラ

我が家の一日

実は昨年からここに目をつけていました(^_^;)

私がHPを見たとき一泊13万以上で休日は16万~20万以上だったと思います。

クォーツ★
その金額だすなら他のホテルなら何泊か出来るよね~(^_^;)
そうだね・・
ニョリ夫

と言う事で、またいつか行こうと思っていました。

が、今年に入り、考えが変わりました。

そこで予約して数ヶ月間コロナで自粛要請が出たりしたけど、貸し切りなので閉鎖になることはないよね?という気持ちで、ヒヤヒヤしていました。

それがまだコロナが収まりきれない現状にはもってこいなヴィラだった。

めちゃくちゃ楽しみにしていたのに、なんと大雨!!

予約した時から梅雨だから覚悟はしていたものの、晴れ男(ニョリ夫)がいるし大丈夫さ~

なんて思っていたら全く降り止まず・・

早めに到着したものの、どこか公園にでも行ける訳はなく車で待機していました。

そしていざ、瑠璃浜リトリートへ!

Quartz クォーツ
可愛い~外観~

そしてまずは私が先に入り子供達の反応をビデオカメラで撮影・・

子供達も入ってすぐ、

「イエ~イ!プール!お風呂も2こある~!」

とベッドや、ソファでぴょんぴょんゴロゴロしていた。

チェックインが3時(もっと早く入れたらな~)というのもあって早速着替えてプールへ

この日は雨でも気温はそこまで低くなかった。

準備体操をしてまずはジャグジーへ

体を温めてプールへ!

着いたばかりだけど、ニョリ夫の頭の中は釣りの事でいっぱいのようだ(笑)

ちょっと釣り具店行ってくる~
ニョリ夫

と、どこかに消えて行った(^_^;)

私は早速子供達とプールへ

 

ここでいつも揉めるのが、浮き輪について。

ベッドタイプの浮き輪とかニョリ夫は

「いらんやろ~」

と言って持ってこない。

前回は持ってきてくれていたので、今回も持ってきているだろうと思ったら、

「ないんか~~~い(゚Д゚)ノ」

はァ~・・もう、ほんとに。

「まあ、こんなとこに来てまで喧嘩もアレだし、今ある浮き輪で楽しもう!」

と気持ちを切り替えた。

 

お酒ものみ、子供達とジャグジーとプールの往復を何回もしながら、楽しんでいた。

ついてから4~5時間は~カッパか?( ゜Θ゜) <

とつっ込むほどプールにずっと入っていた。

 

ジャグジーのおかげで、子供の唇が紫色になっても体を温めながら永遠と遊べた。

ここのプールは深いエリアもあって、身長115cmの次女には深い。

でもお姉ちゃんが深いエリアにいるため、次女も行きたくなってきたようだ。

この年頃はライフジャケットをとって、潜ったりしたくなる年頃。

(これは救命具をつけているが、これを外した状態で、手すりもない場所につかまりバタ足をしていた。)

救命具を外した状態で、浅いエリアから手すりを伝って深いエリアに来た次女。

「バタ足の練習する~」

と壁を持ちながらバタ足をしていた。

(体は全部水中の状態で)

Quartz クォーツ
危ないから腕の浮き輪つけて

といった。この時私は

(自分が見ている間だけやらせてあげよう)

という思いで見ていた。そのうち、

「足もつくで~大丈夫やで~見ててな~」

と言って次女は手を離し潜った。

すると、地面を蹴って浮き上がってくるも一瞬しか顔を出せずにまた沈むと言う状態になった。

 

私には子供の頃に全く同じ経験がある為、子供達にも

「手を離したら本当に溺れるからダメだよ!気をつけようね!」

と散々言っていたものの子供には理解できるはずもない。

 

次女のその姿を見て私は、腕を引っ張りあげた。

「苦しかったんちゃう?大丈夫?」

見てる感じでは溺れているようには見えなかったが、私の経験上は息が出来ずに凄い恐怖だった覚えがある。

次女は顔が固まって「うん・・」と応えた。

「怖かったやろ?苦しかったやろ?」

と聞いたら「うん・・」と頷いた。

やっぱり溺れていたか・・

そこから、自分の身を持って恐怖体験をした次女は救命具なしではプールに入らなくなった。

いくら親が口で言っても、実体験の方がはるかに学べるのだなと思う。

 

でも、この件は私が見守っている中で起こった出来事。

何かあったらすぐに助ける準備ができていたからだ。

このあとに起こった出来事は、今思い出しても正直怖い。

             

 

その後ニョリ夫がいつの間にか釣り具店から帰宅して、海釣りに出かけたりしていた。

プールサイドからパパの姿が見えるので、裏口からパパの所に行ったり来たりして遊んでいた。

雨も結構降っていたので、濡れたついでにパパもプールへ

そこからプール遊びも早々に満足したニョリ夫が、

温泉入るわ~♪
ニョリ夫

と言って温泉に入りだした。

子供達も、「入る~」と言って水着やライフジャケットを脱ぎ始めた。

そこからお風呂に入ったり、プールに入ったりとわちゃわちゃしていた。

そこで、網とりを見つけた3歳の息子。

その網でプールに浮かぶひよこなどをプールサイドから網で取ったりして遊んでいた。

お風呂上がりの為、裸だし、ライフジャケットもしていない。

(普段はずっと装着している)

私は物を取りに室内へ一瞬だけ(10秒程)入りたかったため長女(8歳)に

「一瞬だけ部屋に入るから、危なくないようちょっと見といてね~」

とお願いをして、室内に入った。

物を取り、すぐ出て机に物を置いた瞬間・・

「ママ!○○が溺れてる!!!」

と言う声が聞こえた。

「え!!」と振り返った瞬間、

じゃば~ん!と長女が飛び込み息子をすくい上げ助けていた。

息子は

「ゴホッゴホッ」

と目を真っ赤にしていて、本当に溺れていたとすぐわかる状態だった。

プールサイドからプールの上に浮かぶアヒルを網ですくって遊んでいたが、

いつの間にか浅いエリアからプールの中へ入っておもちゃ取りに夢中になっていた。

浅いエリアから深いエリアへは水中に階段があり、夢中になるあまり水中の階段を降りて深いエリアに入ってしまっていた。

 

長女はプールではなくジャグジーに入っていたが、

「なにかおかしい・・」

と気づいたのだろう。

少し距離もあるし、メガネも外していたのに、よく気づいてくれた(´;ω;`)

良く助けてくれた(´;ω;`)

本当に本当に有難う。

 

私も机に物を置いて、そのあとすぐに気づく事ができたか?といえば自信がない。

私が室内に入る前はプールサイドに居て、プールの中へは入っていなかった。

私の頭の中でプールサイドから網でおもちゃをすくって遊んでいるというのが頭にあったため、長女が気づかなかったら、もっと発見が遅れていたかも知れない。

しかも、ほんの数十秒で子供は予測不可能な動きをすると言うことも身にしみてわかった。

 

あと数分遅かったらと考えると怖すぎる。

どれくらいの時間で危険な状態になったのか・・こちらを参考にして下さい。

溺水は短時間で死に至ります

溺水時間が5分未満であった小児の91%は、障害なく生存したか軽度の神経障害を残すのみでしたが、溺水時間が10分を超えた小児の93%は、死亡したか重度の神経障害が残ったそうです。

子育て応援広場より

 

ほんの少し目を離しただけでも幼児は危険だなとおもった。

予想外の行動もするし・・

普段は肌身離さずライフジャケットをつけているが、お風呂にはいってから裸で遊んでいた息子。

本当に危なかった。

ここから、3歳ながらも相当苦しく怖い思いをした息子もライフジャケットなしではプールに入らなくなりました。

プールも浅いエリアもあるからと言って油断は出来ない。

必ず幼児にはライフジャケットの装着をおすすめします。

【Fashion the Sale 限定 15%オフ】ライフジャケット

アウトドアスポーツの必需品

 

Quartz クォーツ
少し高額になりますが幼児の場合は首にも浮き輪がついているタイプをおすすめします。我が家も3歳児はそうしています

そこから夕飯はBBQ~

プールサイドにあるテラスで雰囲気が最高でした。

もちろん気分を盛り上げるためのBGMもつけていますよ~♪

 

その記事はこちら☟

アウトドアの【Bluetoothスピーカー】選び方の注意点!

 

食べきれないくらいの量でお腹いっぱい(〃^∇^)o_彡☆

和牛とベーコンが超絶に美味しかった♥

そして食後もまたプールへ(笑)

夜は夜でジャグジーのライトが綺麗でムーディに・・

結局9時頃までずっとプール&ジャグジーで遊び、お風呂へ。

お風呂は扉を締めて入ることもできるし、開けたまま入ることも。

海沿いのヴィラと言うことも有り、開放感が半端なかったです。

外のジャグジーの扉は開けたまま、誰かに見られる心配もゼロではないが開放的なお風呂を楽しんだ。

 

赤湯はお肌ツルツル♪

じっくり入り、上がった後は、もう時間も遅いので子供達を寝かせた。

でも、こう言う時子供は敏感なのか?夜中に何度も3人ともむくっと起きたり、寝言言ったりしていた。

(寝かしつけが大変・・)

そこで一緒にベッドに入ったが、息子の溺れた時の事を思い出し、凄い恐怖に襲われていた。

(もう少しで本当に危なかった・・本当に気持ちを引き締めよう・・)

と反省していた。

 

 

子供や主人が寝た後、私はまだまだこの空間を楽しみたくて、夜中にこっそり入浴。

深夜だし、扉も全部開けて心おきなく入浴。

(気分が最高~♥絶対にまた来たいなァ他のヴィラも泊まってみたい・・)

と思いながら浸っていた。

そして、夜のプールで一人泳いでみた。

(めちゃ最高~家にプールがあったら毎日こんなことができるのだろうな・・)

なんて思いながら楽しんだ。


一休高級ホテル・旅館が最大60%OFF!

 

翌朝、ニョリ夫とまったりブレイクtime・・

子供達はやっぱりプールへ

そんな姿を見ながら来て良かったなァと思っていた。

 

その後、朝食が届き、Breakfast timeへ・・

朝食は和食コースにした。

美味しかった♥次はバーガーの方にしてみようかな?

子供達は朝からプールで冷えているので、持参したポタージュを。

体もあったまり、その後はまた私は子供達とプールへ。

ニョリ夫は海釣り

ここに来て、みんな好きな事してる(笑)

チェックアウトの11時までたくさん遊んだ。

そして、この日はグランピングリゾートへ移動。

その記事はまたにします

see you next time ~

天橋立のヴィラはGWや夏シーズンは価格が高い(平日でも10万~)しますので、

少しでもお得に行こうと考えている方は、

楽天トラベル一休.comなどで少しでもお得にポイントを貯めましょう!

楽天トラベルはコチラ

一休はコチラ

 

 

読者登録出来るようになりました。

登録お願いします(๑≧౪≦)

LAGOM (心地いい)style - にほんブログ村

 

お読み頂いて有難うございました。

ツイッター(@lagomstyle

ポチッと応援してください♥励みになります♥

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへにほんブログ村

ファミリーキャンプランキング

グランピングリゾートの記事はこちら☟

ビーチグランピング【ブルードーム】旅レポ!オーシャンビューで癒し

海釣りにBBQ!まさにグラマラスキャンプ!+必要な対策 天橋立グランピングリゾートへ行ってきました。 我が家(5人家族)が泊まったのはブルードームと言う2019年にオープンしたばかりの新しいエリアです ...

続きを見る

お出かけにも車内でAmazonプライム!

アウトドアで大活躍!【Amazon プライム】キャンプでも活かせる使い方!

子連れ必見!音楽も聴き放題!映画も見放題!もっと早くに導入していれば・・ こんにちはクォーツ★です。 今回はかなり強くおすすめしたい「Amazon prime」について触れていきたいと思います。 「え ...

続きを見る

思い出を格安でフォトブックに・・

アウトドアの【スマホ写真】整理コスパ最強おしゃれフォトアルバムのおすすめ

子供や家族、友人との思い出写真の手軽な有効活用 こんにちはクォーツ★です。公園やBBQ、キャンプ等アウトドア遊びに欠かせないカメラ。 今は便利な時代になり、デジカメや一眼レフを持たなくても高性能なスマ ...

続きを見る

 

  • この記事を書いた人

クォーツ

はじめましてクォーツ★です。三児のママで、海とキャンプにハマっています。 アウトドアを中心に記事を書いています。三人の子供と主人とまだまだ色んな遊びを経験していきたいと思っています。 関西を中心にレジャースポットの紹介もしています。 その他防災にも使えるアウトドアグッズを紹介しています。

-BLOG, 関西おでかけ

Copyright© LAGOM (心地いい)na STYLE , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.